総選挙分析 社民党 総論2009/09/01

比例得票率推移

社民党は7議席維持

 第45回総選挙が終わった。社民党の議席は現有の7議席を維持し、党内外は安堵の雰囲気に包まれている。直前にはかなり厳しい結果を予想する向きもあったので、むしろ健闘したのではないかとの声すらある。
 しかし、本当にそういえるのだろか。比例の議席が前回の6から4に減り、減った分の2は小選挙区の2増で穴埋めできた。見た目は比例でとっても小選挙区でとっても変わらないけど、党の力がストレートに現れる比例区と、候補者個人の力や党の力、選挙戦の構図等の複合的な要素の総合的な結果である小選挙区の当選は意味が違うと思うのだ。
 小選挙区は根強い個人的人気を持つ照屋さんと辻元さん、重野幹事長の3人が当選したが、全員が民主との住み分け・協力選挙区だ。個人票、民主票、社民党の党としての独自票の割合がどの程度かはわからないが、民主党と競合した場合や候補者が別の人であった場合に勝てたかどうかは疑わしい。つまり党自体の力とは言えないのである。一方で、比例区は軒並み議席獲得のボーダー線上(投票率等にもよるが概ね35万票強程度)で微減傾向を続けている。今回2つのブロックがさらにボーダーを切ってしまったわけだ。
 細かい分析はおって試みるが、とりあえず比例選挙の総得票率の推移をグラフにしてみた。着実に得票が減り、空白の地域がずっと広がったことについてもっと深刻に受け止めるべきではないだろうか。

ブロック別得票率