沖縄に行ってきました2009/09/17

青の洞窟
 9月11日から4日間、家族旅行で沖縄に行ってきた。ホテル、飛行機代、レンタカー代がセットのツアー。「8月中は高いし、この頃には選挙も終ってるだろう」という安易な考えで、だいぶ前に予約していたもの。選挙がギリギリまで遅くなったうえに、連立協議という話になって、一時は無理かなとも思ったのだけど、9日いっぱいでなんとかカタがついたので行くことができた。実際はまだバタバタしているのでややヒンシュクだけど、この間、ご苦労様という感じでなんとかお許しをいただいた次第。

 僕は、沖縄は何だかんだとかなりの回数行っているのだけど、行き先は米軍基地とか戦跡、県庁や役所、米兵の事件・事故現場、関係団体の事務所や会議室ばかりで、純粋に遊びに行ったことは実は2回め。
 今回は奥さんと子どもがイルカに乗りたいとかいうので、イルカを飼っている恩納のルネサンスリゾート・沖縄に3泊4日。嘉手納か普天間基地見に行こうかとか、辺野古はどうかと言ってみたけど全部却下されて、結局ほぼ連日ビーチだった。3日目だけ伊江島に行こうかとして、船の時間に間に合わなかったので、瀬底ビーチと美ら海水族館に行く。
 実はイルカと一緒に泳ぐプログラムは「泳げる方」限定だったので、僕と娘はイルカと触れあうプログラム。当然といえば当然かもしれないけど、ちと情けない。

小沢一郎 おそるべし2009/09/17

小沢一郎氏
 民主党の政策調査会が無くなってしまった。政調会長もいなくなってしまった。与党と政府は一体として運用するそうで、政調のスタッフはみんな政府にいくのだと。
 理屈はわからないじゃないけど、いきなり廃止してしまうとは! 民主党の部門会議も廃止し、各省に政策会議をつくると。政府と与党を一元化するということは以前から言っていたから、政党としての政策機能の必要性は低くなることは想定済み。しかし議員立法の交通整理や、選挙政策のとりまとめ、外部からの問い合わせへの対応などは必要だろうから、政権が本格稼働したらスタッフを移して縮小するんだろうくらいに考えていた。与党時代の自民党にも公明党にも政策部門はあったわけだし。
 政府の運営の詳細もこれからだし、どうしましょうという話にそろそろなるんかいな、くらいに思っていたけど、いきなり廃止とは…。また野党になったら、こんどはいきなり作るんか? 取り組みの継続性とかいらないんかい? 本当にそれでいいのか大いに疑問だが、いずれにしてもすさまじい割り切りだ。
 正式な党内論議はなく小沢幹事長のツルの一声で決まったらしいけど、普通はそんなことできないよ。すげ~よ、小沢さん。社民党や国民新党にとってはカウンターパートナーがいきなりなくなってしまったわけで、困っちゃうんけど。