森と湖の楽園で「生きるチカラ」2011/05/05

 GWの行楽で5月4日~5日に河口湖「森と湖の楽園」のツリーハウス村に行った。
 毎年、GWは連合メーデー、全労協メーデー、憲法記念日の行動、等々があって実は必ずしも休みにならない日が多い。今年は、震災対応とかで休日に予算委員会をやったり、国会自体が動いていることもあって、それ以外の休日も交代で勤務となってしまった。で、結局は今年も近場で済ませることに。
特大ブランコは大人気
 うちと中島君一家、赤ちゃん連れの義妹夫婦と、僕の友人夫婦2組、妹一家であわせて18人の参加(妹一家と友人夫婦1組は日帰り)となった。他のツリーハウスの住民も大勢来ているし、ガンコ山の野口さん一家なども遊びに来られている。
清水国明オンステージ
 加えて、今年は「森と湖の楽園」で被災地の子どもたちを受け入れていることもあって、かなり賑やか。子どもたちを元気づけようということで5月3日~5日は、東日本大震災復興支援チャリティイベント「生きるチカラ」ボランティアフェスティバルを開催中。
 清水さん自身の歌や、ウクライナの歌手ナターシャ・グジ―さんのコンサートが好評だ。チェルノブイリ原発の3.5キロ地点で暮らしていたナターシャさんは、事故の後、3日で帰れるといわれて家を出され今も故郷に帰ることが出来ない。子どもたちが次々と病気になり、結婚して生んだ子どもには障害があって…、いう体験をしてきた。チェルノブイリの体験を伝えるために歌い続けているとのこと。初めて実物のナターシャさんを見た。
バーベキュー
 夜はワンパターンだけど、バーベキューと焼ソバ。近隣のツリーハウス住民と合同でやろうかという話もあったが、人数が多すぎるのでそれぞれ食ってから懇親することに。僕らは施設の和室で宿泊。旅館と変わらないので、寒さや虫が苦手な女性陣や子どもも平気。ちなみに人数オーバーのため僕だけ自分のツリーハウスに泊まる。
ハンモック
 今回、初めて張ったハンモックが子どもたちには大人気。もともと安物のハンモックもどきが取り付けてあったのだが、そちらは場所も悪かったしあまり人気が出なかった。
大人気の大ブランコ
 もともと大人気の大ブランコ。高さ6メートルのところから降ろしているので、振り幅が大きい。これをやったら普通の公園のブランコなんか乗れない…、と言う人が多い。
タイヤ付きロープ
 木から古タイヤをぶら下げてるだけだが、こちらもなかなか根強い人気。高低差のあるところについているので一人で遊べるのがぐー。ブランコだと、押して押してとえんえんといわれ続けることになるので。
火を囲む
 赤ちゃんのアウトドア体験、大丈夫かと思ったが結構平気。うちの娘もそういえばゼロ歳児からテント生活させていたわ。
コカリナも5周年
 コカリナのお店も5周年。いつもおいしいコーヒーをありがとうございます。
 帰りはGW中で渋滞も予想されたので、温泉に寄って食事をしてから帰る。9時頃出たが、小仏~相模湖~談合坂は大渋滞で、帰り着いたのは12時少し前でした。

ツリーハウスに手すり追加2011/04/30

 今年になってツリーハウスに行っていなかったのと、GWにみんなで行くことにしたこともあって、4月30日に「楽園」に行ってきた。GWに行ってみたら、地震で潰れていたなんていうのも困るし。子どもと母親はGW前半は岡山の実家に帰っているので、動きやすかったので。
 「楽園」では東日本大震災で被災した子どもを受け入れているのでまあまあ賑やかだが、ツリーハウスの仲間は5月3日~5日のイベントにあわせて来ることにしているので、誰も来ていないようだった。
 淡々と片付けをして、少し時間もあったので手すりを追加することにした。小屋の前に手すり用に切った材が置きっぱなしになっていて使わないとなかなか片づかないうえに、階段前の手すりがないのは前からの懸案でGWに子どもが来る前につけておいた方がいいかと思ったので。
階段前の手すり
 ほとんどの材は切って塗装もしてあったので、すぐ出来るだろうと思ったのだけどいろいろ問題が。まずインパクトドライバーが使えない。しばらく使ってなかったのでバッテリーが劣化していて20本も打たないうちに交換しなくちゃならない。充電に30分かけて、すぐ交換しなくちゃならないんじゃぜんぜん進まない。えーい、と思って買いに行く。
インパクトドライバー
 近くのくろがねやに行ったらなぜか営業していないので、Jマートへ。都合よく7980円のセットが売っていたので、ついでに若干のツーバイとあわせて買ってくる。バッテリーが同じ型なので前のヤツと共用で使えてラッキー。ちなみに、後で分かったが、くろがねやは別の場所でリニューアルして営業していた。
手すり
 なんだかんだで3~4時間かかって、階段前・小屋前面と側面の手すりをつける。一部、塗装されてなかったりして見た目は悪いが一応、子どもの体重くらいは受け止められそうだ。
手すり
 北側は途中までだけど、まあ大丈夫かな。少なくともなにもないよりマシ。あたりはすっかり暗くなってしまった。
小屋の前
 小屋前の材は3分の1ほど片づいた。まだ南側の一番長い手すりがあるので、まだ残っているが、少しだけすっきりした。
 国道139沿いの温泉・泉水によって、ラーメンを食って帰る。渋滞はぼちぼちあったが、まあまあスムーズに帰れた。

3年B組 金八先生・ファイナル見た2011/03/27

教員 野崎学
 3年B組金八先生を見てたら親父のことを思い出した。96年の8月に亡くなって、すでに15年になるが、福島で中学校の数学の教師をしていた。
 生徒が補導されたといっては警察に行き、生徒の家でトラブルがあったと聞けば夜でも休みでも出かけていく。普段も朝早く出て、夜に家にいてもいつもガリ版切ってプリント作ってる。休みの日も部活だ、行事だと忙しいばかりに見えた。子供心に、大人になっても学校の先生にはなるまいと思っていた。なにしろ大変そうだったから。
 親父は、内心は僕を教師にしたかったようで、何度かさりげなく言われたけど、そのときはまったく魅力を感じなかった。職業活動家になりかけで、大言壮語したい年頃だったんだよね。
 結局、50代中頃に心筋梗塞を起こして、だましだまし定年まで勤め上げて、ほどなく死んだ。僕が喪主をやったのだけど、現役ではなかったので、親戚と教員仲間でせいぜい100人弱くらいと見込んで葬儀の手配をした。
 それがどこで聞きつけたのか、葬儀場にたくさん教え子が集まってくれたんだよね。二百人以上も想定外の教え子さんたちがきたので葬儀場は大混乱になった。なんだよ、お父ーちゃん、俺の知らないところでずいぶん生徒に慕われてたんじゃん。って驚いた。
 その後も自宅に線香をあげに来てくれる教え子さんたちと話していると、結構、金八先生してたみたいなんだな。そういう教え子さん、たいていはかつての「不良」生徒で、「先生がいなければいまの自分はなかった」って言って帰って行く。
 それでようやく、あー、お父ちゃんはそういう仕事をしてたんだ-、ってわかってきたんだよね。先生って大変な仕事だけど、一人一人の生徒と向き合って、それぞれの人生に決定的な役割を果たせるすごい仕事なんだなあと。僕は、教育基本法を守れとか、民主教育を守れとか大きなことを言っているけど、ただ一人の子どもを救うこともできていない。教師ってすごい仕事だなー、僕も教職をもっと本気で考えればよかったなー、と思った。金八先生を見てたら、そんな気持ちを思い出した。

福島第一原発事故概況2011/03/16

福島第一原発3月16日
 福島第一原発の状況は、事故発生から5日たった今日(3月16日)に至っても、落ち着く様子がない。一つ一つ歴史的な大事故が次から次へと起こって、原子炉建屋で爆発が起こったくらいでは驚かなくなっているというすさまじい状況だ。
 ついには当初、定期点検で停止中だった4号炉まで、火をふいてしまう始末。  あっちもこっちもトラブルで、すでに何が何だかわからなくなっているのが正直なところ。服部良一事務所森原秘書が、現状を便利な一覧表にまとめてくれたので参考まで掲載した。(3月16日朝現在)
 こういうのがあったら便利だと思っていたのだが、刻一刻と状況が変わるのでなかなか作れずにいたもの。(クリックで拡大します)

適宜更新される予定なので最新版は下記から見て下さい。↓
福島第一原子力発電所等の事故概況(服部良一事務所)

東北関東大震災を受けた国会対応について2011/03/14

東北関東大震災受けた国会対応
 3月14日13時から、与野党幹事長・国対委員長会談。東日本大震災を受けて177通常国会の自然休会に合意。自公からは、震災対策のために国会法に基づいた休会とする案が出されていたたが、13日に衆参両院の正副議長が「国会が急に対応しなければならない事態もあるので臨機応変に対応する」ことも必要として、国会法上の休会としないことで一致。自主的に必要最低限の課題以外は審議を控える方向で合意するに至ったものだ。
 2011年度予算関連法案のうち、3月末で効力が切れる税の減免措置等を延長する「つなぎ法案」や、統一地方選の日程変更のための法案が審議される見通し。13日午後に民主党の安住淳国対委員長と会談した自民党の逢沢一郎国対委員長は国会審議への協力に応諾し、予算関連の地方交付税法改正案にも賛成する考えを表明した。税減免のつなぎ法案と地方交付税法改正案の年度内成立は確実となった。
 社民党も原則合意。統一選の日程については一律ではなく地域の事情に応じた対応とすること、予算関連法案については審議日程については協力するが賛否については従来方針通り個々の内容に応じて判断することを確認した。

――――――――――――――――――――――――――――――
東北関東大震災を受けた国会対応について

2011年3月14日


 東北関東大震災を受けた国会対応について、政府与党として次のとおり要請する。

1、被災地住民の生活の復旧を優先するため、臨機応変、迅速かっ柔軟な国会対応を行うこと。阪神淡路大震災時の対応にならい、確定申告、旅券、免許更新の延期など生活支援に関わる法律改正が必要となる場合は早急に対応する。

2、平成23年度予算案を速やかに成立させていただきたい。審議日程など具体的な方策については、各党間で協議したい。

3、統一地方選の日程を延期するための特例法案を検討しており、週内の成立をめざしたい。

4、予算関連法案のうち、以下に掲げるものについて、年度内成立を期すため、審議日程の短縮などあらゆる面で各党の協力を要請したい。
①国税つなぎ法案、関税定率法、 IMF加盟法、金融円滑化法
②地方税つなぎ法案、地方交付税法、公害財特法、 NHK予算
③子ども手当つなぎ法案
④内閣府設置法
⑤ HNS協定、在外公館法
⑥教職員定数法
⑦家畜伝染病予防法
⑧踏切道法、港湾法

5、政府に対する各議員からの個別の問い合わせは、当面できるだけお控えいただきたい。

6、政府に対する質問主意書の提出は、当面できるだけお控えいただきたい。また、すでに提出されている質問主意書に対する答弁が遅延することについてもご了承願いたい。

7、3月中に提出予定の閣法については、提出時期を 4月以降に延期するのでご了承願いたい。
以上

スキーに行ってきました2011/02/13

軽井沢プリンススキー場
 2月12~13日、軽井沢にスキーに行ってきた。2月の連休の繁忙期に軽井沢プリンスホテルのコテージに泊まって、スキーというのは我が家にとってはかなり贅沢なプラン。妹家族と友人ナカジマ君家族と行く予定だったが、直前になってナカジマ君一家がキャンセルとなってしまったため、急遽別の友人一家に行ってもらうことにした。
 結局、うち、娘の友達の母子、妹家族、友人家族の都合13人で2棟のコテージに宿泊。軽井沢プリンスはスキー場とホテルやコテージが同じ敷地にあって、連泊していればコテージから直接ゲレンデに行けて便利快適な感じ。僕らは1泊だけなので、途中でチェックイン・チェックアウトしなきゃいけなかったし、半端にけちって施設外の安いレンタル屋で板を借りたりしたので、重いスキー靴を履いて行ったり来たりするハメとなったので、今ひとつ利便性を感じることはできなかった。
 まあ隣接するアウトレットでショッピングができたりして、いいところなんだけど、全体に物価が高くて気が休まらないんだわ。日にもよるんだけど、4人家族で朝食のみ1泊で6万は高い。レンタルのセットは1日5000円もするし、ちょっとなぁ。

ちょっとだけ開墾2011/01/23

 1月23日、塩山のジャングル開墾にちょっとだけ行ってきた。
 この間の「開墾」プロジェクトは、だいたい土曜に集まって打ち合わせて、温泉に行って、古民家で夕食・懇親・宿泊して、日曜に朝からちょっとだけ作業というのがパターンになっているけど、今回は日曜にヒロさんが作業をするからちょっくら手伝いに行くかという感じの日帰りの企画。そもそもあまり広く呼びかけていないので、参加はヒロさんと地元の友人、ヒロさんの弟夫婦と僕らの計7人だけ。 
チェーンソーをちょっとだけ
 娘は「開墾」大好きなので、ほぼ必ずついてくる。この日はバレエの習い事をサボってきました。今回は、お母さんも一緒に来たので大はしゃぎ。さすがにチェーンソーは危ないので、使わせてはもらえずポーズだけ取ってパシャッ。
木をチェーンソーで切る
 早ければ3月末にも、重機を借りてきて根を掘り出して土を掘り返す予定なので、それまでの間は重機が入れるような準備作業をする。伐採した木は、マキとして使う部分を除いて燃やして埋めてしまうしまう予定。
蒔になる木は移動
 使えそうな部分は、細かく輪切りにして端の方に集める。丸太というのはかなり重いので、短い距離だが台車やネコ車で運ぶ。地面が平坦でないので、結構コツがいります。
ネコの手を借りる
 娘は、ススキのワラを熊手でかき集める作業が気に入ったようだ。かき集めるよりまき散らしている事も多いようだけど…。
枯れ草を集める
 しばらく熱中していたが、やがて飽きて遊び出す。ヒロさんの弟さんの飼い犬クーを威嚇して、支配下に。娘の変なちょんまげ型に結んだ頭に怯えるグー。甲斐犬ベースの雑種犬で4ヵ月程度の子犬らしい。耳が前に垂れていてかわいい。
クーを威嚇
 残った木に絡まったツタにつかまってターザンロープ。「アッ、アッ、ア~ッ」という雄叫びがいつまでも響き渡る。
あっーああー
 僕がまねしたら、ツタが切れてドスンと尻餅をついてしまいました。
 3時前に切り上げて、大菩薩温泉に立ち寄って帰りました。

 ヒロさんのブログでも紹介されています。↓
 トム・ソーヤ倶楽部: http://ameblo.jp/tomsawyerclub/entry-10780594181.html

2011年大新年会2011/01/09

2011年新年会
 1月9日に、自宅マンションのパーティールームで新年会を開催した。本当は忘年会をやりたかったのだけど、会場がとれなかった。年明けの連休の真ん中というのは、日程的にはイマイチな感じだけど、そこしか都合がつかなかった。居住がなんとなく近そうな50人ほどにメールで案内を送ったら、だいたい半分くらいの人が来てくれた。
 同じ場所で夏に暑気払いをした時は、自分で食材を買いに行ったんだけど、今回はフードコーディネーターの友人が小規模の仕出しにも対応してくれるとのことで、お願いしてしまった。なんといっても楽ちんだし、センスも味もいい。
 12時半~17時までやったが、僕は初っぱなから酔っぱらい、ぐでんぐでん。その後、砂町銀座の居酒屋に行って二次会をした頃のことはまったく記憶がない。うー、失礼があった方、はどうかお許しください。

ツリーハウスの手すり2010/12/19

 12月19日、ツリーハウス村の忘年会の翌朝。寒いから、とりあえず焚き火。
 実は昨年の5月にステインを塗り直して以来、わがツリーハウスはほとんど変わっていない。遊びに来るのは何回か来たけど、単に宴会してメシ食って帰るだけだった。一定のとこまで来たので、まあいいかって感じになってしまったんだな。やるとすれば、手すり、内装、遊具、新たなデッキ、棚…、いろいろやりたいことはあるのだけど。
野崎ツリーハウス
 この日は、自転車君一家は早々に帰ってしまったので、僕も道が混まないうちに帰るかなーと思っていたんだけど、掃除をしていたらデッキの手すりがグラグラ。この手すりは自転車君が一昨年の5月頃、あり合わせの廃木を組み合わせて応急処置で作ってくれたのをそのまま使ってきたもの。もともと耐久性のある仕様ではなく、よく持ったな~って感じ。
自転車君の仮設手すり
 まあ、時間もあったので、直すことにしました。以前に手すりに使おうと切ってあった2×材で東面だけ。東面だけといっても全長こそ南面に及ばないけどジグザグになってて結構面倒なところなのだ。2~3時間かかってなんとかできた。
新たな手すり
 この際南面まで全部やっちゃおうかと一瞬思ったけど、やめておく。始めたら途中でやめられないし暗くなってしまいそうなので。一番長い南面の手すりはしばらく自転車君作の応急版のままでいいや。
 楽園の旧森のレストラン部分をBBQサイトにする工事がだいぶすすんでいました。デッキの撤去は終わり重機で整地をしているところ。広いデッキがなくなるのは少しさびしいが、楽園が賑やかになるならやむを得ない。
キャンプサイト新設工事
 忘年会だけ出てパッパと帰るつもりだったのだけど、結局、手すり東面の整備という5月以来の大きな前進を果たしたのでした。

「楽園」ツリーハウス村忘年会2010/12/19

 12月18日河口湖「森と湖の楽園」ツリーハウス村の忘年会に行ってきた。
 今年はやや集まりが悪かったが、十数人が集まった。自然大好き人間の集まりだが、河口湖の12月はさすがに寒すぎるので、自然学校校舎内で行なう。
楽園忘年会
 たまたま樹上庵(ツリーハウス村最大級のアカオさんのツリーハウス)に遊びに来ていた寿司職人さんが、ネタが少しあまっているからと、寿司握りを実演をしてくれた。みんな大喜び。
松さんのピアノ
 楽園スタッフのまっさんのピアノ演奏もあり。どう見ても普通のオッサンなのにピアノが弾けるとはビックリ。しかもかなりうまい。即興の曲を何曲か披露してもらう。
 一次会終了後に残った数名で、ヒロさんのドームハウスのデッキで二次会。さすがに12月の河口湖は少々火を焚いても寒い。それでも深夜まで、話が弾む。
ドームハウス前で二次会
 最近、ジャングル開墾プロジェクトがスタートしたこともあって、ツリーハウスに来る頻度がだいぶ下がっている。開墾は開墾として、まだまだ整備途上のツリーハウス村の作業もちゃんとすすめないとね。
 2時近くになって解散。久しぶりに自分たちのツリーハウスで自転車君と2人で寝る。自転車君の家族は寒さに耐えられないだろうということで、楽園の和室泊。よい選択。奥さんたぶん、ツリーハウスで寝たら寒さには耐えられず、翌日超不機嫌になるところだったよ。めでたしめでたし。まあマイナス7~8度程度なんだけどね。