サイクルコンピュータ2010/04/06

サイクルコンピュータ
 ハリヤにサイクルコンピュータを付けた。もともとのGIANTにはキャッツアイのCC-MC100Wというのを付いていたのだけど、これはアシスト自転車には使えないと書いてあったので、奥さんのルイガノにお下がり。自分は同じくキャットアイのCC-RD300Wというのを新たに買った。アマゾンで5千円ちょっと。MC100Wの上位機種だが、昨日はほぼ同じで、デザインや操作性が多少向上している感じ。
 サイクルコンピュータは絶対に付けた方がいい。最近はケイデンス(クランクの回転数)や脈拍なんかを測れるようなのもあるけど、普通に走ってる分にはそんな高度な機能はぜんぜん必要ない。スピードや走行距離が分かるだけの簡単なもので十分。それでも、いまどのくらいのスピードで走っているか、どのくらいの距離、どのくらいの時間走ったのかが分かると絶対に楽しいから、付いてない人は付けた方がいいよ。たいてい10分か15分もあれば自分で付けられる。
 ところで、CC-RD300W。使いやすくていいんだけど、自転車のライトを付けると動作しなくなるんだわ。タイヤの回転を伝える信号を拾えなくなるみたい。スピードがゼロのまま、距離もぜんぜんカウントしなくなってしまう。LEDからノイズが出るからなるべく離した方がいいというので、ギリギリ離してみたけど症状は変わらない。
 夜はどうせスピードは見えないからいいんだけど、オドが積算されないのはなあ。なにか対処方法はないものでしょうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hawhaw.asablo.jp/blog/2010/04/06/4999712/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。