法制局からレク2006/07/10

 今日はT議員とK議員と衆法制局T氏に来てもらってレク。さすが条文を書いた人だけあって本当に詳しい。こちらの問題意識が知られてしまうというリスクもあるが、やはり立法者の意図や経緯を把握しておくことは大切だ。研究者の論文とかもそれなりに読ませてもらっているが、ソモソモ論の水準のものがほとんど。条文の適用のされ方や一般法との関係解釈の幅の見極めなど、法制局は研究者よりはるかに水準が高い。T氏は職務忠実、政治的には厳正中立の絵に描いたようないい意味での官僚だが、樋口陽一氏の教え子だそうで本当の内心は護憲派らしい。本人は決してそうは言わないのですが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hawhaw.asablo.jp/blog/2006/07/11/441581/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。