お百姓さんをやっていて泥がつかないわけがない2006/07/05

 3月31日、日本原燃は六ヶ所村の核燃料再処理施設のアクティブ試験を開始しました。しかし4月12日には洗浄水漏れ、4月23日には地下道配管下から放射性物質漏れ、5月17日試薬漏れ、5月19日に作業員の体内被ばくとやけど、6月24日に2回目の体内被ばくと事故が連発し、周辺住民は安全性への不安や不信を募らせています。原燃は、「健康や環境への影響はない」と強弁し稼働を続けていますが、いったいどういうつもり? 再処理工場の安全管理体制の評価結果を県知事に伝えるため青森県庁を訪れた石川迪夫日本原子力技術協会理事長は「再処理をする限り内部被ばくは起こる。お百姓さんをやっていて泥がつかないわけがないのと同じ」「体内被ばくを皆無にすることは不可能」って言ったんだって。すごいねー。
 確かに普通の原発(軽水炉)とは違って再処理工場は大量の放射能をまき散らします。そういう仕組みなんだから仕方ない。そうなんですよ。石川理事長の仰るとおりなんですよ。でも、ちゃんとそう言って了解してもらったんでしょうね。そうだとすれば、六ヶ所村の人はかなり勇気がある人たちだね。すごいねぇ。

コメント

_ りょん ― 2006/07/20 22:14

はじめまして。アサブロの新着を拝見しておじゃましました。
以前、どこかで、坂本龍一氏の六ヶ所村についての活動の記事を読みました。
その時も「やっぱり、安全ではないんだ」とため息をついたんですが、こちらを拝見してまたまた衝撃をうけています。
長崎・広島はもはや遠い日の出来事のようですね。
補助金を使ってたくさんのハコモノをつくっている報道をTVで観ましたが、それと体内被ばくの物々交換なんですね。
いいんでしょうか、こんなんで。。。

_ PINKO ― 2006/07/21 01:30

りょん様、コメントありがとうございます。
私自身は、千年万年の後世まで核のゴミを残す原子力を現在のエネルギー源として使うこと自体に反対です。ただ百歩譲れば、軽水炉(普通の原発)は確実に安全運転さえできれば原理的には放射能を封じ込めることができるので、当面は目をつぶれる。代替エネルギーの問題もあります。しかしプルトニウム利用はやはり段違いに問題が多い。そもそもどんなにうまく稼働させても再処理は原理的に放射能を環境中にばらまくものなんですよね。しかもエネルギーを生み出しているわけでもない。その差があまり認識されていないように思います。
親しい友人が「核情報」というサイトを主宰しています。
http://kakujoho.net/
坂本龍一氏の「stop-rokkasho.org」は以下です。
http://stop-rokkasho.org/
ご参照ください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://hawhaw.asablo.jp/blog/2006/07/07/436143/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。