断るのは苦手2006/06/28

半年前に辞めた元幹部秘書M氏(男性)から久しぶりに連絡があり、一杯やろうということに。その直後に現最高幹部現秘書(女性)から夕食を食おうと誘われたので、M氏にとぼけて順延を提案。時間も遅くなったし元気もない…、と。別に下心があるわけではないんだけど、この優先順位はやむを得ないのです。

憲法改正国民投票法案22006/06/28

 憲法2日目。国民投票運動や罰則、無効訴訟等について。今のところ護憲派の中では国民投票運動の規制に反対するトーンが強い。改憲を推進しているのは為政者側であり、国民投票運動に対する規制は護憲派民衆の運動に対する規制として使われるに違いないということだろう。例えば公務員等・教育者の地位利用による国民投票運動の禁止で自治労や日教組の活動家の運動が縛られる。まあそれはそうなんだろうけど、じゃあ規制がなければいいのかといえばそれも疑問。完全に規制を無くせば確かに護憲派は自由に活動できるだろうけど、改憲派も何でもありになる。結局、力を持つ方に有利になるんぢゃないか。先生が現憲法の意義を教え護憲を訴えることが出来ても、教育委員会や校長が憲法改正の必要性を訴えさせようとすることも否定しづらくなるかもしれない。
 虚偽報道規制も法案提出前に議論になって結局入らなかった。表現の自由を守ったともいえるが、確信犯のメディアがでたらめなキャンペーンを張ることも可能になったともいえる。規制の刃は専ら護憲派に向くだろうという感覚は多分正しいのだけど、自由競争だと力のある方が勝つというのまた事実。規制反対は両刃の剣だということを自覚して、公正性を確保するための規制のあり方に踏み込んだ検討が必要じゃないか。